2020.06.01 「COVID-19対策北里プロジェクト」への寄付について

 

北里研究所による新型コロナウイルス感染症治療薬の早期発見を目指す
「COVID-19対策北里プロジェクト」への寄付について

 

 新型コロナウイルス感染症に罹患された皆様、ご家族、関係者の皆様に、謹んでお見舞い申し上げます。また、感染拡大防止の対応に当たられている医療関係者、関係省庁、自治体の皆様に最大限の敬意と感謝を表します。一日も早い感染症終息を心よりお祈り申し上げます。

 株式会社アルボース(本社:大阪市中央区、代表取締役社長:木野村 圭右)は、学校法人北里研究所(所在地:東京都港区、理事長:小林弘祐、以下「北里研究所」)が取り組む「新型コロナウイルス感染症(COVID-19対策北里プロジェクト)」の趣旨に賛同し、200万円を寄付しましたことをお知らせします。

 本プロジェクトでは、COVID-19患者の検体に含まれる病原因子SARS-CoV-2を分離し、本ウイルスに対して国内外の既存承認薬のスクリーニングを大規模に実施する予定で、治療薬の早期探索にあたります。本プロジェクト詳細は、北里大学プレスリリース(https://www.kitasato.ac.jp/jp/news/20200319-02.html)をご確認ください。

 当社は「きれいをクリエイト」をスローガンに健やかな生活の前提となるきれいで美しい人間環境づくりは、安全で安心できる地球環境づくりにつながるものでなくてはならないという考えのもと、感染症対策の一端を担う企業として、これからもお役に立つ製品とサービスを通じ、社会に貢献してまいります。

以上

 

arbos_logo